消火器の話

2013.10.04 Friday 12:55
JUGEMテーマ:防災グッズ
 

越一町会では10月27日に防災訓練が行われます。
テーマは2つ。
1つめは炊き出し訓練です。
組立式煮炊きレンジという物を使い、大鍋での炊き出し訓練です。
これが意外と大変で、普段使っていないととっさに使用できません。
使用した時の様子を以前にブログに載せたので、参考にしてみて下さい。
http://blog.echiichi.org/?eid=1297278

2つ目のテーマは消火器の新規販売、薬剤の詰め替え、そして消火器の廃棄です。
今回ふくブチョーが関わったことで、消火器について色々と知らないことがあったので紹介していきたいと思います。

さらに、この炊き出し訓練に加えて親睦会を行い、町会員の交流をより深めることにより、いざという時に協力し、大きな力を発揮できるようにしていきたいと思います。


◎薬剤の詰め替え

最近の新しい消火器はメンテナンスフリー、つまり有効期限をもって使い切りの物となってきました。
(ただし、業務用には詰め替え可能なものもあるようです。)
ただ、旧タイプの消火器で薬剤の詰め替えをして使用可能なものもあります。
ではどのような消火器が詰め替え可能か、廃棄かをまとめてみました。

・製造年より5年〜10年経過の物 → 詰替え
・製造年より10年以上の物 → 廃棄
・腐食等が著しい物 → 廃棄
・有効期限(5年)を過ぎたメンテナンスフリー消火器 → 廃棄
※製造年月日等は、消火器のラベル横に記載してあります。

以上のような基準で詰め替えか廃棄かとなりますが、少し解りにくいですよね!?
では、どのような周期で交換すると理想か、具体的な例を挙げてみます。

薬剤の有効期限は5年だそうです。
ですから製造年より10年使える消火器では、5年経ったら薬剤の交換をし、残りの5年が経ちましたら廃棄するといった形ご良いようです。
そうすると8〜9年経った消火器の薬剤を交換したらどのようになるのだろうか?
この場合は製造年より10年、つまり1〜2年経った廃棄となりますが、薬剤の有効期限は5年なので10年以上も使えてしまうのではないだろうか!と思ってしまいますよね。
もちろん使えてしまうのでしょうが、消火器の有効期限を超えての使用は自己責任に委ねられます。
詰め替えての使用の際は、その点を注意してご使用下さい。

そしてもう一つ気になる点があります。
腐敗などがあると使用できる期間が短くなることです。
この腐敗を避けるためには以下の点に気を付けて下さい。

・台所,浴室などの湿潤な場所等への設置はなるべく避る。
・屋外に消火器を設置する場合には,消火器ボックス等を活用し風雨にさらされないようにあする。

他にも老巧具合等の判断は以下の通りとなります。

○消火器の安全ピンのところに,封印シール又は封印の部品が付いているか (切れていないか) 確認してみましょう。封印が切れているものは使用後の消火器の可能性があります。
○消火器の本体容器が錆びていないかよく確認してみましょう。錆びついているものは,大変危険ですので絶対に使用しないで下さい。
○消火器のゴムホースにヒビ割れが無いか確認しましょう。ホースのヒビ割れのあるものは使用しないで下さい。
○お手元の消火器が粉末消火器であるなら,消火器を傾けると,消火器内の消火薬剤がサラサラと音を立てて移動します。消火粉末が固まり音がしなくなっている消火器は使用しないで下さい。
○消火器の安全ピンが縦向きに付いているか確認しましょう。横向きに付いているものは,とても古い消火器なので使用しないようにしましょう。
※これはあくまで目安となるものなので,判断できないような場合には必ず専門業者に相談するようにしてください。

ここで実際に廃棄になった消火器をご覧下さい。


(写真をクリックすると画像が大きくなります)

このように腐敗や錆が出てきます。

では廃棄する場合はどのようにしたらいいのでしょうか?
続きをご覧ください。

 

 ◎廃棄の仕方

最近、消火器を購入しようとすると「リサクルシール」という言葉を目にします。
このリサイクルシールとは何だろうか?

2010年より廃消火器リサイクルシステムの運用が始まりました。
使用期限をむかえた消火器を安全に安全に回収して、部品等をリサイクルする取り組みのことです。
これにより現在使用中の消火器を廃棄する場合、リサイクルシールを添付しなければなりません。
最近のものはリサクルシールが添付されて購入できますが、ない場合はシールを購入することとなります。
値段についてですが、ふくブチョーが調べた業者では500円でしたが、これは業者によって異なるようです。
また、その業者では他に運搬費・保管料等の諸費用として1,050円が掛かるようです。

では、消火器の廃棄はどのようにしたらいいのか?
4つの方法をご紹介します。

 崙団蠢觚」又は「指定取引場所」に消火器を持ち込む。
 (リサイクル料が必要です)
  →近くの「特定窓口」を検索 
  →近くの「指定取引場所」を検索
◆崙団蠢觚」に消火器の引き取りを依頼する。
 (リサイクル料に加え運搬費等の諸費用が必要です)
  →近くの「特定窓口」を検索
「エコサイクルセンター」に連絡し、ゆうパックによる消火器の回収を依頼する。
 (リサイクル料+運搬費込みで2,310円が必要です)
  →流れ・連絡先等ご案内
と稜篥垢脳嘆亟錣鯒磴ぢ悗┐虜櫃暴菠を依頼する。
 (有料となりますが、販売店によっては処分のみもできる場合があります)
 ※販売店によっては実施してない場合もありますので、事前にご確認下さい。

以上の方法での廃棄となりますが、リサイクル料はリサイクルシールが貼ってあれば必要ありません。
また、今回の越一の訓練では無料で廃棄いたします。
その際、町会員による事前申し込みが必要となりますのでご了承下さい。


リサイクルについて詳しく知りたい方は消火器リサイクル推進センターのホームページをご覧下さい。


 ◎消火器の紹介

今回の防災訓練で斡旋いたします家庭用消火器は3つあります。
その中で、とても面白い物がありましたが、まずはオーソドックスな物から紹介します。



以前よりありました粉末式の物です。
今回はこの2つを用意しましたがこの2つの違いといいますと、薬剤の質量がSA4EALは1.2kg、SA5EALは1.5kgとなります。
単純に大きさが違うだけで、性能は若干違いますが大きな差はありません。
ということで一般的にはSA4EALが備えられていることが多いようです。

さてもう一つの面白いと思った消火器を紹介します。



この消火器の型はSKV1Dといい、お酢ベースの消火剤となります。
え、そんなの知ってましたか?
ふくブチョーは知りませんでした。
この消火器のメリットは、お酢を使用していますので環境や身体にも安全です。
さらに、消火薬剤は中性なので、消火した後はさっと拭き取るだけで後片付けがとても簡単です。
こんな消火器があったんですねー!
今回紹介したものは全て宮田工業の物で、詳しくはホームページをご覧下さい。

以上をもちまして消火器の話を終わらせていただきますが、本来なら消火器を使う場面に遭遇したくありませんよね!
しかい、万が一の時には使えるようになっておいた方が良いと思います。
そこで以前行われた防災訓練での記事に消火器の使い方が載っていますので是非ご覧下さい。
防災訓練 〜消火訓練編〜

では、10月27日の防災訓練には是非ご参加下さい。
そして今一度、自宅にある消火器を点検してみて下さい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

富岡八幡宮例大祭

8月11日 御霊入れ
8月12日 御鳳輦渡御・新川箱崎神輿連合渡御
8月13日 富岡八幡宮神輿連合渡御
8月15日 富岡八幡宮例大祭

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM